面接対策@:退職理由、何て答える?

看護師さんが転職する場合の面接の際に、案外と説明に悩むのが退職理由であるという方が多くいるそうです。
では、看護師さんが転職する際の面接の場合に、退職理由はどのように答えればいいのでしょうか?
ここでは具体的な退職理由の例を挙げて、どのような答え方がいいのかご紹介していきましょう。

 

人間関係に悩んで退職した場合

まず、いじめや対人関係のために辞めたという場合についてご紹介しましょう。
転職理由が別にある場合には、可能な限りいじめや対人関係については触れない方がいいでしょう。
一切いじめや対人関係については触れないで、「挑戦してみたい仕事が別にできた」など前向きな全く異なる話をしましょう。

 

対人関係にどうしても触れる際は、
「複雑な対人関係であるため多くの同僚が辞める職場でした。
なんとか自分としても努力しましたが、もっと仕事が前向きにできるようなところでやはり頑張ってみたいと思いました」
というような言い方にするといいでしょう。

 

結婚を機に退職した場合

結婚を機会に辞めたという場合についてご紹介しましょう。
「結婚するために辞めました」と言うようになると思います。
しかしながら、家庭に一旦入ったのに、どうしてまた仕事をしようと考えたのか、不思議に思われるでしょう。
また仕事をするようになった理由、例えば「育児がひと段落した」「短時間なら仕事ができるようになった」などということも付け加えた方がいいでしょう。

 

激務・多忙であることへの不満のために退職した場合

忙しいので辞めたという場合についてご紹介しましょう。
「忙しい」という場合でも、多くの雑務があって看護業務ができない、残業時間が多い、などさまざまなものがあると思います。
単に「忙しいから」と言えば、「この病院でも忙しいよ」と言われます。
単純に楽なところに転職したいと見られないように、さらに看護業務に専念したいなどと言うことが大事です。
しかしながら、「勉強会」などが多すぎて嫌になった、などとは言わないようにしましょう。

 

看護師さんが転職する際の面接の退職理由については、転職サービスのコンサルタントに相談するのが有効な方法です。