【奈良県の看護師支援事業A】離職率を低下させる取組み

奈良県では看護師さんの離職率を下げるための取組みをいろいろ行っています。
奈良県の看護師さんの離職率を下げるための取組みについて見ていきましょう。

 

奈良県は、離職率を低下させる取組みとして、細かく分けて10の取り組みを行っています。

 

取り組み@:新人看護職員卒後研修事業

新人看護職員卒後研修事業は、新人の看護師さんに対して卒後臨床研修を行って、
質の高い安全な看護をサービスすると同時に、
看護技術・知識の不足等の心配からの離職を防ぐものです。

 

取り組み@:新人看護職員卒後研修事業

教育責任者研修は、研修プログラムの企画立案および策定をしている教育責任者に研修を行うものです。
OJT研修支援事業は、新人の看護師さんの研修を行う病院等に対して費用の1/2を補助するものです。
教育担当者研修は、それぞれの部署で行われる研修の運栄、企画を主になって行い、
実地指導者に対して指導、助言等をする教育担当者に5日間の研修を行うものです。 
実地指導者研修は、臨床実践について実地評価・指導等をしている実地指導者に6日間の研修を行うものです。  

 

取り組みA:(新規)中堅看護職員スキルアップ研修事業

中堅看護職員スキルアップ研修事業は、
中堅の看護師さんが高い専門性のある技術と知識を学習するための研修を3日間行って、
看護師さんの定着と看護の質のアップを促進するものです。 

 

取り組みB:看護師キャリアアップ等支援補助事業

看護師キャリアアップ等支援補助事業は、専門看護師、認定看護師等の資格取得をサポートすることで、
県内の病院等で仕事をすることのメリットをアピールし、看護師さんの定着と県内就業を促進するものです。

 

取り組みC:看護職員の多様な働き方実現支援事業

看護職員の多様な働き方実現支援事業は、
県内の病院等での看護師さんの短時間正規雇用等いろいろな勤務スタイルの導入をサポートすることで、
看護師さんの定着と県内就業を促進するものです。

 

看護職員の多様な働き方実現支援事業
看護職員の多様な働き方実現推進病院支援事業は、
いろいろな勤務スタイルの導入を促進するためにアドバイザーを派遣する等に必要な経費を補助するものです。 
また他にも、看護職員の多様な働き方実現するための一環として、医療機関管理者等研修も行なっています。
これは、短時間正規雇用制度等のいろいろな勤務スタイルを導入している、
先行病院の事例等に関して3日間研修を行うものです。 

 

病院内保育所運営費補助

病院内保育所運営費補助は、子どもがある看護師さんの離職防止および就労促進を図るため、
病院内で保育施設を運営するための費用補助するものです。

 

このように、看護師さんの働きやすさに充実の取り組みを行う、
奈良県に転職したい場合には、転職サービスを利用すればよりスムーズに進められるでしょう。