【奈良県の看護師支援事業B】復職者を増加させる取組み

奈良県においては、看護師さんで復職したい人を増加させるための取組みを行っているそうです。
では、奈良県では復職したい看護師さんを増加させるためにどのような取組みを行っているのでしょうか?
奈良県の復職したい看護師さんを増加させるための取組みについて見ていきましょう。

 

男性の看護師さんが多くなってきているとは言っても、看護師さんはまだ女性の比率が多い職種です。
現在は看護師さんが不足していると言われており、高い離職率ということが問題になっています。
離職の理由としては、出産、介護、育児があります。

 

奈良県では看護師さんのこのような理由による離職を防止するために、
「看護職員の多様な働き方実現支援事業」をスタートしています。
この事業が目指しているのは、奈良県内の病院などで、
看護師さんのいろいろな勤務スタイルの短時間正規雇用制度などを導入することです。
つまり、出産・介護・育児・能力アアップなど、看護師さんの一人ひとりライフスタイルに対応可能なようないろいろな勤務スタイルとその環境を整備し、看護師さんの定着と確保を図ることが目的です。

 

そのため、復職したいと思っている看護師さんにとっても非常に魅力がある事業ではないかと思います。
復職したいと思っている看護師さんにとっては、やはり出産・介護・育児・能力アアップなどの問題は避けて通れない問題ですからね。
実際に実施される事業について見ていきましょう。

 

医療機関管理者研修事業は、いろいろな勤務スタイルの短時間正規雇用制度などの導入に関して、
病院などの看護部長や管理者などに対して先行している事例を使って導入研修を行うものです。
多様な働き方実現モデル病院支援事業は、県内の推進病院などがスムーズに短時間正規雇用制度などの勤務スタイルの制度化に取り組むことができるように、アドバイザーの派遣をコンサルティング会社などから受ける際に経費を補助するものです。

 

看護師さんが奈良県で復職したい場合には、こういった取り組みに参画しているか事前に確認できる、転職サービスを利用すると便利です。